新しい雇用形態

近年クラウドソーシングやリモートワークなど新しい雇用形態が産み出されてきている。インターネットという新しいテクノロジーを活用することによって居住地や時間などの各種条件に縛られること無く仕事を請け負ったり、発注する事ができるのだ。このことにより、労働市場には革命が起こった。14921544683_e8f62e8b8d_b正社員やアルバイトという2分法ではなく、今まで無かったフレキシブルで多様な雇用形態が可能となったのだ。職場や会社という場所に縛られていたものが、クラウドソーシングやリモートワークでは場所に縛られなくなり、インターネット回線を通じて成果物を送受信出来るようになり、また賃金もフレキシブルに細かくなり、1分で終わる5ドルの小さな仕事から、数ヶ月から数年に渡るビッグプロジェクトなど多岐にわたる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *