労働のあり方と変化

学校で受けた教育が実社会に出ると全く役立っていない。そう感じることは多々あるはずだ。事実として、学校教育と実社会で行う実務とのギャップはどんどん広がっている。これらのギャップを埋めていくことも必要なことであるのは間違いない。例えばこれは米国での例だが、米国では毎日数千の生徒が高校を退学している。これはつまり、半年で100万人を超える生徒が高校をドロップアウトしているということになる。しかし実際には、世の中のほとんどの仕事に就職するには最低でも高校卒業の資格が必要なのだ。lesotho_classアラツー、いわゆる20歳前後の若者で学校に通っていない者で働いてもいない人は数百万人に登る。これらの人々が就職出来るようになる方法や施策を考えていかなければならない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *