労働のあり方と変化②

高校卒業者の実態は上述した通りだ。それでは大学卒業者はどうだろうか。米国の大学卒業者の半数以上が失業中か正職員でないという調査結果が出ている。更に学位を取得した大学卒業生は全体の半数しかいないということも明らかになっているのだ。半数以上の卒業生は就職のための適切な準備ができていないとされている。7割以上の学生が学生である間にも働いているからだ。lockers-1622865_960_720それではどうすれば学習の選択肢と就業の選択肢を最大化できるのだろうか?もはや学校から社会への道筋は機能していないのは誰の目にも明らかである。このサイトではその問題を解決し、ギャップを埋めるための研究と実践と広報を行っている。研究所では優秀な研究者たちが情報収集や策定に日々励んでいるのだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *